せっかくホワイトニングをしたのに台無しにする方法

美しく綺麗な歯は、女性だけでなく多くの方の憧れです。
美しい歯並びを手に入れるために、歯列矯正を幼い頃から行う人も増えています。
幼い頃に、歯並びを成すことは顎の骨がまだ柔らかいと言われているので、時間も短期間で済むだけでなく痛みを伴いにくいと言われて早い段階から治療を行う人が多いです。

綺麗な歯並びを手に入れた後に、気になるのが歯の色です。
最近のテレビに出てくるタレントさんは、皆さんはがとても白く美しい笑顔が特徴的です。
もともと、みんなはが白いわけではなく多くはホワイトニングによるものです。

ホワイトニングとは、歯についた色素沈着や着色した汚れを専用の薬剤などで綺麗に落として、白い歯を手に入れるというものです。
生まれ持った歯の色もあるため、ホワイトニングとは言っても様々な方法があります。
純粋に、歯の色素沈着を落とすものや、そもそもの歯の色を白くするためのホワイトニングもあります。

最もポピュラーな方法は、歯に専用の薬剤を塗り着色した歯の汚れを落とす方法です。
薬剤や過酸化水素水を塗った後、効果を高めるために、熱や光を加えます。
一定時間置いた後に口をすすいで薬剤を落とすと、綺麗な歯を手に入れることができます。

ホワイトニングをした直後の歯は、とても白く美しいですが注意をしなければならない点がいくつかあります。
まず、色素沈着を大変起こしやすいという点です。
せっかくのホワイトニングを台無しにしてしまう可能性があります。
ホワイトニングを行なった直後24時間に、行なってはいけないことがいくつかあります。
いずれも、汚れをつけないようにするために大切なことです。

まずは、喫煙です。
タバコを吸うことで、そのヤニが歯についてしまいせっかくの白い歯が黄ばんでしまい台無しにしてしまうからです。
次に、コーヒーやチョコレートなどのカフェインやステインを含んだ食べ物を摂取することです。
着色しやすい食べ物を食べると、すぐに色がついてしまうためホワイトニングの効果が安定する24時間は特定の食べ物を摂取することが禁止されます。
過酸化水素水が汚れを分解することも知られていますので、ホワイトニングでは多く利用されています。

ホワイトニングをした直後の歯は大変デリケートで、汚れがつきやすい状態になっています。
特に直後の24時間は守らなければならない決まりも多いので、ホワイトニングの効果をしっかりと保つためにも注意して過ごすようにしましょう。