審美歯科に行く前に知りたい、歯の色が違う理由

真っ白な歯はとても魅力的です。
しかし、様々な理由で歯の色が変色してしまうことが少なくありません。
もちろん、皮膚の色が生まれつき違うように、歯の色も生まれつきすべての人が真っ白というわけではありません。
それでも子供のころに比べて明らかに歯の色が変色してしまったと感じている人も多いことでしょう。

最近では審美歯科などに行けば歯の色を綺麗にしてくれますが、そもそもなぜ歯の色が変色してしまうのでしょうか。
歯の色が変わってしまうのは病気ではないので過度に心配する必要はありませんが、その原因を知らないとせっかく審美歯科で綺麗にしてもまた同じことを繰り返してしまうかもしれません。

まず、歯が変色してしまう理由は、外部的要因と内部的要因の2つに分けることができます。
外部的要因では食べ物による影響が大きいと考えられます。
たとえばタバコやコーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどの飲み物や、カレーなどの香辛料の強い食べ物などを飲食すると、それらに含まれる色素が歯についてしまいます。
またチョコレートなどのお菓子も要注意です。
このような食べ物を飲食した場合はなるべく早くブラッシングをして歯についた色素を落とすことが大切です。

内部的要因では、まず加齢が挙げられます。
歯の色が黄色くなってしまうとしたらその原因の多くは加齢と考えられます。
歯は構造上エナメル質と呼ばれる表面の内側に象牙質という黄色い層があります。
この象牙質の黄色い部分が加齢によって新陳代謝が衰えたり、ブラッシングのし過ぎなどでエナメル質が削れてしまい露出してしまうと歯の色が黄色くなってしまうというわけです。
さらに虫歯で神経を取ってしまった場合は黄色ではなく、茶色に変色してしまいます。

また乳歯から永久歯に変わり、象牙質ができてくるころにある特定の薬を服用していると象牙質に色素が沈着してしまうことがあります。
たくさんのフッ素を塗ったりすると、歯に白い斑点ができてしまったりすることがあります。
このようなケースでは審美歯科でも歯を白くするのが難しくなってきます。

その他の要因としては虫歯もあります。
初期の虫歯は白くにごったような色になります。
さらに虫歯が悪化すると、茶褐色や黒っぽい色になってしまいます。
こうなると削らなければならなくなるので要注意です。
このように様々な歯が変色してしまう要因があり、防ぐことができるものとでいないものがあることを理解した上で、審美歯科で歯医者さんに相談してみることをおすすめします。