自分でどの歯が痛いか判断するのは難しい!歯医者へ

風邪をひいたり、怪我をした時には人間には自然治癒力が備わっていますので、そのままにしておいても治ることも多いです。
しかし歯の場合には自然治癒されることはありませんので、その際歯医者での治療が必要となります。
痛みを感じても自分で判断することは難しいですし、前歯、奥歯によってもどこの歯が痛みを感じているかという正解率は神経の関係もあり奥歯の場合には低くなります。

歯痛だと思っていても、知覚過敏であったり、歯肉炎、歯周病のケースもあり、口全体をまずは歯医者で診察してもらうことは定期的にしていきましょう。
自分だけの判断で痛みがなくなったから大丈夫とそのままにしておいても悪化してしまう可能性は高くなります。

口全体を定期的に検診してもらう事によって、虫歯の早期発見にもつながりますし、神経までいくことなく治療を行っていく事が出来るメリットもあります。
その際スケーリングなど専用の器具を使ったお掃除をしてもらったり、お子さんであればフッ素の塗布をしてもらうことで、虫歯を予防していく事も可能です。
お子さんの場合には違和感があった時に痛みと錯覚してしまい痛いという事もあります。
虫歯だけではなくかみ合わせが悪かったり、歯が重なっていることで窮屈になり痛いと感じてしまうこともありますので、口全体の診察を受ける事もお勧めです。

海外ではもっと虫歯に対する予防に取り組んでいる国は多いです。
日本の場合には痛みや違和感を感じてから診察を受けるケースも多く、それがどんどん進行を早めてしまっているケースもありますので、できれば定期的に検診を受けてメンテナンスをしていく事が大事です。

またかみ合わせが悪い事でのデメリットもあります。
肩こり、頭痛、そして審美的な面でもデメリットがあり、コンプレックスに感じてしまうこともあります。
海外ではもっと日本よりも矯正に力を入れていたり、並びが悪い事が第一印象が悪くなる原因にもなってしまいます。
ですから子供の時から矯正をするケースも多いと言われています。
日本でも子供の時から矯正をすることによって抜歯の必要が無くなったり、治療費にも違いが出てくることがありますので、もし気になる場合には早めに相談してみるのも良いでしょう。
保険が適用となりませんので、クリニックによってその費用は異なりますし、歯医者によって技術的な面でも差が出てくる治療項目です。
歯医者を選択する際は口コミ評判なども参考にして選んでいきましょう。

筆者の私がおすすめするのは東京都江東区の歯医者で虫歯を治すという選択肢です。
東京もしくは付近に在住する方限定となりますが、江東区の歯医者は腕が良く、どんな虫歯でも治療してしまいます。
虫歯の悩みを抱えている方、歯の痛みが気になってきた方は一度相談してみると良いでしょう。
きっと解決への糸口が見つかるはずです。